English Page
www.jseinc.org内を検索
HOME >海事情報 > 海事法律事務所 > 三村小松山縣法律事務所

刊行物の一覧・ご注文
竣工船フラッシュ
マーケット・レポート
内航ニュース
海事法事例検索
雑誌記事検索
海事法律事務所
セミナー等
リンク集
採用情報
お問い合わせ
の表示があるページは当所会員のユーザIDとパスワードが必要です。
Total Access:

海事法律事務所

三村小松山縣法律事務所

English Version

事務所名 三村小松山縣法律事務所
所在地 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-7-12
サピアタワー8階
TEL 03-6273-4824 (海事・物流部門)
FAX 03-6273-4825 (海事・物流部門)
Email こちらからどうぞ (海事・物流部門のグループアドレス)
Website http://maritimelawyer.jp/
事務所の特色 概要

 2020年4月、海事・物流分野において経験を積んだ大口裕司弁護士がパートナーとして参画したことにより、 同弁護士を部門代表として、海事・物流部門を設立しました。 当事務所の海事・物流部門は、船主、船会社、P&I Club、損害保険会社、造船所、物流企業、NVOCCやフォワーダー、 倉庫会社、船舶管理会社、商社、シップブローカー、サルベージ会社、個人投資家、金融機関、リース会社等の幅広い層への業務経験を生かして、広い視点からの総合的なサービスをご提供致します。
 大口弁護士は、たとえば、大型船沈没案件において依頼者が抱える多数のクレームを交渉により解決、三当事者間の紛争を扱う国際調停案件での解決、船舶建造にかかる数十億円に及ぶクレーム案件での勝訴的和解、米国集団訴訟発生時における助言、入札案件における獲得支援、国家の関与するプロジェクトでの助言、海事物流分野への新規参入事業者への助言、倒産手続開始時における船舶先取特権を使った優先回収など、多彩な経験を有します。

主要取扱事件
海事・物流全般(海難事故、傭船契約、船荷証券、カーゴクレーム、造船、訴訟・仲裁、危機管理、倒産、債権回収、ロジスティクスなど)
各種商取引
一般企業法務(会社法や労働法含む)
知的財産法
所属弁護士等
[海事・物流部門]
大口 裕司 (部門代表)
弁護士(第一東京弁護士会)、海事補佐人、税理士業務開始通知済(東京国税局管内)
山縣 敦彦
弁護士(第二東京弁護士会)、税理士
塩川 泰子
弁護士(第二東京弁護士会)、米国NY州弁護士
富山 暁子
弁護士(第一東京弁護士会)
野瀬 健悟
弁護士(第二東京弁護士会)
古莊 雅生
神戸大学名誉教授、大島商船高等専門学校校長、一級海技士(航海)、博士(心理学)